バイクのメーカー希望小売価格と実際の販売価格

バイクのフェアに行くとメーカー希望小売価格とはかけ離れた安値でバイクが売られていることがあります。

なぜなのか、その理由について話ししておきましょう。

☆実際の価格は自由に設定できる。

メーカー希望小売価格というのは、あくまでもバイクのメーカーが出荷時に定めた希望価格であって、そのままの値段で売らなければならないということではありません。

現代は販売店の意志で自由に価格設定ができるようになっています。

定価制度が前提であった昔は、全国一律にその価格で売る必要がありましたが、その制度は撤廃されました。

販売店が“売れる値段”でバイクの価格設定をすることで、地域の実情にそった健全な競争ができるようになっています。

☆戦略モデルという販売店の位置づけで。

たとえば販売店にも売れ筋を多く仕入れて戦略的に売っていこうという思惑があります。

同じ界隈にあるバイクの競合店より数千円でも安く価格設定すれば、そのバイクのモデルは数多く販売できます。

だいたいの相場価格は形成されますが、それでも競い合って、自分の店の売上げに直結させられるようになっています。

バイクに限らず、大半の商品がそうなっています。

☆メーカー希望小売価格は、実際のバイクの販売価格との差を知る目安にもなります。

他店と比較したりしてお得な購入をしましょう。

同じバイクなら少しでも安く購入したいものです。

ネットで検索してもメーカー希望小売価格と実際の販売価格は併記されています。

地域ごとに違いがあるので、それを知った上で上手に活用し購入しましょう。

《中古ならハーレーにも手が届く?》…http://www.malehealthnews.net/